WEB苦手な人ほど「ラク」をしよう

WEBは苦手、面倒くさい、好きじゃない・・・

そう思っている方は、男女問わず結構いるんですよね。

今日はそんな方へのメッセージです^^。

「WEB」が苦手・・・は誤解!?

WEBが苦手といったって、LINEで家族や友人と連絡を取り合ったり、Facebookのタイムラインをチェックしたり、アマゾンでポチッと買い物したり、ってことは普段からやっている人が多いと思います。

あまり意識してないかもしれませんが、これらはすべて「WEB」なんですよね。

 

WEBが苦手だと感じる起業家のかたは、おそらく、ビジネス用のブログを書いたり、メルマガのネタを考えたり、告知をしたり、といった「ビジネス活動」の地道なコツコツを面倒くさいと感じているんじゃないでしょうか?

だって、便利な「WEB」は大いに活用しているのですから^^。

 

おそらく苦手だと感じる理由は「効果がすぐにわからないから」

 

効果があるのかどうかわからないことや、すぐに結果が出ないことを、継続してやっていくってことは誰だって苦手です。

もちろん、私だって同じ。

 

そうはいっても、やらなきゃいけない最低限のことはやらないと、、、。

もしあなたがそう感じているのなら、かるーく、さくっとやってしまいたい。

それが本音だと思います。

 

苦手なこととの向き合い方

私はすでに主婦歴がかなり長いのに、恥ずかしながら「料理」が苦手です。

日々のことなのでもちろん料理はしますが、キッチンに立って料理を始めるその行為をできるだけしたくないのが正直なところ^^;。

得意でもないし、好きでもないからなんですよね。

 

若いころは料理教室にも通ったし、母から料理ノートをもらって教わったりもしてきました。

できないと困るから、とそれなりの努力はしたんです。

それでもいまだに好きにはなりません^^;。

 

だからあるとき、「もう好きにならなくてもいい、ラクに美味しいものが食べられればそれでいい」と割り切りました。

そのために徹底的にラクする方法をいつも探しています。

 

たとえば、最近、楽だなぁと感じているのが、一部野菜カット済み、肉や魚は分量のみ、レシピ付きのお料理食材セット。

割高だし、調理する手間は残るけれど、毎日の苦手作業が劇的にラクになったんです。

これだけで、かなり幸せ^^。

 

苦手な人は、これと同じ考え方でWEBと付き合ってほしいのです。

無理にWEB好きになる必要なんてないのです。

 

WEBでラクをするためにはどうしたらよいの?

ワードプレスでホームページを作るなんて言うと「アメブロですら面倒くさいし、難しいのに」と思っている人もきっといることでしょう^^。

でも、ビジネスに有益なのだから、やったほうがいいことは間違いない。

そこで考えることは、どれだけ日々の作業で「ラクをするか」。

 

「ラクをする」というのは、究極をいうと合理的・効率的に時短作業をするってこと。

ここぞとばかりに、頭を使うのです!!

 

 

■たとえば、毎日ブログ記事を書くためにPCの前に座るという方。
気が乗らないなら、リビングでスマホから更新しちゃいましょう。
ワードプレスだって、全ての作業はスマホからできてしまうのです。
※意外と多くの方が知らないようですね・・・

 

■1日のうち、SNSの投稿とチェックで時間が取られてしまうという方。
朝30分、寝る前15分、みたいに時間を決めてそれ以外は触らないという「運用ルール」を決めましょう。
ダラダラチェックをやめられます。

 

■スキマ時間を活用しても時間が足りないという方。
自分でやることと人に頼むことをきっちり分けてしまいましょう。
自分のビジネスの一部作業を、他者に依頼することに罪悪感やダメな自分を感じる人もいるようですが、プロになるほど、その道のプロに頼んで、自分は自分のビジネスに集中しています。

 

みなさんは、日々本当に忙しい。

デスクの前で落ち着いて時間を取るなんてことは、実際には難しい方が多いのに「ちゃんとできない」と悩んでいる人が多い。

真面目な方ほど勘違いしているけれど、「ラクをする」とは、合理化・効率化のことです!

 

ラクすることは、悪いことではありません。

 

今日からさっそくラクしましょう^^

 

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

LINEで送る
Pocket