知らないうちに「ミラーサイト」を作っていませんか?

最近、アメブロからワードプレスへと引っ越しをする方が増えています。

長年、書いてきた方は相当な数の記事があるでしょうから、「ええい!全部コピーされていればいいじゃん!」なんて、丸々同じ記事を、両方のブログに載せてしまおうと考える方もいるかもしれません。

ですが、ちょっと待ってください!

引越しにあたっては気をつけてほしいことがあるんです。

ミラーサイトとは

「ミラーサイト」ってご存知でしょうか?

ミラー = 鏡(かがみ)

言葉の通り、すでに存在しているサイトとまったく同じものを鏡のようにコピーしたサイトのことをミラーサイトと呼びます。

 

ミラーしただけなので、その情報の価値は低いとGoogleから判断されるため、SEO(検索エンジン対策)的にはよくないことだと、今はされています。

 

ミラーサイトとは、つまり「コピーサイト」のこと。

何が問題なの?

他人の記事を盗んでコピーする方法でコンテンツを量産し、検索結果の上位に表示させるやり方が数年前に大きな社会問題になったのと覚えている方もいると思います。

 

インターネットの利便性のひとつに「コピーできる」ということがあります。

デジタルデータだからコピペは簡単。
それを逆手にとって、他人の資産(コンテンツ)を奪うという行為は、匿名でやるからなおのこと悪質といえます。

元々、検索エンジンGoogleはこういったことをよしとしていません。
かねてから様々な対策を施してきていました。

もしあなた自身が毎日時間をかけて書いているブログ記事を、丸々コピペされて、まるで自分が書いたかのようにされてしまったら、腹が立ちますよね!(腹立つだけじゃない問題なんですが^^;)

 

現在では、コピーサイトと認識されると検索結果が大きく下げられるペナルティを受けることになります。

 

本来、これって、検索を使うユーザーにしてみたら、とってもありがたいこと^^!
Googleを使って検索すれば、欲しい情報がより見つかりやすくなるわけですから。

そして、よいコンテンツ(記事)を書いている人にとっても、本来なら非常にありがたいことです。
偽物が上位に来ることが難しくなるのですから。

※ちょっと難しいこと話すと・・・(興味ある人だけ読んでね)
本来のミラーサイトは、アクセスが集中した時にサーバーの負荷軽減のために、まったく同じものを別のサーバーで用意したものをミラーサイトと呼んでいました。
このときは、正しい使い方をされていたのです。

私にどんな関係がある?

ただ、個人起業家としては、ちょっと注意しなければならない点があります。

 

自分が使っているアメブロなどから、記事をワードプレスに移行しようするとき、アメブロに書いた記事とまったく同じものをワードプレスにコピペし続けていくと、たとえ自分が書いた記事であっても片方が「偽物」「コピー」と判断されてしまうリスクがあるのです。

 

一旦、そのような判断されてしまうとGoogleに対して「これは間違いなく本人のものである」という申し立てをしなければならないのですが、必ず認められるとは限らず、その手続きもものすごく面倒なもののようです。

 

どんなことでも、間違いを証明するよりも正しさを証明する方が難しいですものね。

 

将来を見据えて、今後はワードプレスをメインにと考えている場合はこの点を踏まえて、たとえば

  • アメブロには誘導のみを書く
  • アメブロの方を書き換え
  • ワードプレスでは内容などの加筆・修正をして別記事にする

などのちょっとした工夫をする必要があるかと思います。

 

いきなり全記事を、アメブロからワードプレスに引越しするのではなく、人気記事のみを抜粋して移行するとか、大事な記事は、現在の自分の視点を取り入れて(経験も思考も成長していますものね)書き直すなど、少しの手間を惜しまず、ぜひ丁寧にワードプレスのサイトを育てていってくださいね!

 

WEBの活用方法は無限に感じられて手がつけられないと感じている方へ。
起業家に必要なWEB活用のヒントとワードプレスのコツをお届けするメール講座を配信しています。
登録はこちらから

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

LINEで送る
Pocket