ワードプレスのデザインを変えたくなったら

ワードプレスで作ったホームページ。

愛着を持って使っていても、何年も経つとデザインを変えたくなってきたりしませんか^^。

よくあるのが、よりシンプルにしたくなるケース。

コンテンツが増えて記事が何百本にもなれば、「わかりやすさ」により惹かれるようになったり、コンテンツメインの見え方にしたくなったり。

そんなとき、ワードプレスにはデザインを変更できる便利な使い方があるんです。

ワードプレスにおける「テーマ」とは

ワードプレスは、もともと「テーマ」という機能が備わっていて、デザインを決定づけることができるようになっています。

「テーマ」とは、デザインのテンプレートのこと。

つまり、ワードプレスでは「テーマ」を変更すれば、ガラッとデザインを変えることができるのです。

レイアウトだけでなく、フォントや色、配置、スペースなど、全体のデザインテイストも変えられるんですね。

起業家の方たちは、数年もすればプロフィール写真を新しく撮り直す方が多いです。

それはビジネスのステージがあがってきたり、ご自身の内面の変化、イメージや表情が変わってくるからということもあるでしょう。

ワードプレスでは、そのようなタイミングでデザインを見直すこともできるんです。

テーマ変更の注意点

自由に変更ができる反面、注意点もあります。

大まかに3つあげてみます。

1.そのテーマ特有の「ショートコード」を使っていなかったか?

「ショートコード」とはそのテーマだけで使える省略記号のようなもの。

有料テンプレートなどでは独自に作られたショートコードが、特別な機能として付加されていることがあります。

ショートコードの多くは、“かゆいところに手が届く”便利さがあって、日常のブログ更新にものすごく役立ってくれることも多いんです。

ただし、そのテーマでのみ使えるショートコードの設定は使えなくなります。

※影響があるのはそのテーマ独自のショートコードだけ。プラグイン等のショートコードには影響しません。

 

たとえば、テーマ独自のショートコードで「吹き出し」を簡単に表示できるショートコードを使っていた場合、そのテーマを変更したら吹き出しは表示されなくなります。(入力していたテキストなどはそのまま残ります)

ショートコードの内容にもよりますが、デザインは多少崩れてしまうことがあるかもしれません。

 

「聞いたことない」「使った記憶はないと思う」「マニュアルなどにも記載がない」ということなら、影響はあまりないかもしれませんね。

 

2.デザインの設定がなくなる

ここにバナーを貼って・・・
ここには画像を横に並べて・・・

トップページなどにデザイン性を重視した画像やテキストなど、レイアウト上の細かな設定をしていた場合は、ほぼ全部クリアされます。

まぁ、当たり前といえば、当たり前なのです。

テーマごとに、デザインは違うのですから。

もちろん、書いたブログ記事はすべて残りますから安心してくださいね!

 

テーマを新しくするタイミングというのは、デザインを一新したいというタイミングでしょうから、問題はあまりないでしょう。

 

ブログ記事はそのまま使えますので、見え方のみ調整すればよいということになります。

 

ただし、こういう大きな作業をするときは常に、バックアップを取ることはお忘れなく!

 

3.出どころのしっかりしたテーマを選ぶ

そもそも、のお話しですが、出どころのしっかりしたテーマを選ぶこと。

 

素晴らしいテーマというのは山ほど存在しています。

ただし、有料・無料をとわず、作者が誰かよくわからないものを敢えて使うのは避けておいた方が無難です。

 

わたしがワードプレス作成の1DAY講座などを開催するときには、無料のテーマを活用させていただいていますが、これはある企業が制作したテーマです。

使用には自己責任が伴いますが、なにしろ大人気のテーマとなっていて、個人起業家をはじめ実績数がものすごく多い。

日本製であることも人気の一つで、信頼度はかなり高いものです。

 

ビジネスで使う場合、何か不具合が起きたときには復旧までに時間・手間がかかります。

当然ながら、その間、サイトとしての機能はストップしてしまいます。

そのあたりのリスクはできるだけ低くしたいですものね。

 

いずれにせよ一人一人のケースは違うので、それでもやりたい!という場合はあくまで自己責任でしっかり調べてからトライしてみてくださいね!

 

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEB活用アドバイザー
荻原智子

LINEで送る
Pocket