ホームページの新設は「無名のド新人」扱い!?

個人起業家にとって、ホームページやブログを作るのはビジネスを発展させるのが目的ですよね。

そのための拠点に、無料ブログ・無料ホームページで十分と考えるのか、ワードプレスなどのCMSと呼ばれるシステムを使うのか、HTMLをベースに一から作りこむのか、方法はいろいろあります。

「どの方法を選べばいいのか」と考える時に大切なのは、意外にもビジネスを今後どうしていきたいのかということ。

まずはここを考えていただきたいなと思って、参考になるようこの記事を書きます。

ホームページは軌道に乗ってから考えればいい?

勘違いされる方が多いのは「ビジネスがもう少し軌道に乗ってから考えればいいや」というもの。

通常、オフィスの移転はビジネスの発展に伴って、人が増えたことで増床したり、利便性を求めて駅近くに引っ越したりしますよね。

そのイメージで考えてしまうのだと思いますが、ウェブの拠点変更というのは、根本から考え方が違います。

ウェブの拠点というものは、一度定めたらそれを発展させ育てていくものなので、基本的に引越はしません。

※サイトを複数持つ(増やす)ということは、よくあります

 

引越するとそれまでに蓄積した資産(ウェブのコンテンツ=記事)を、リセットするということになってしまうからです。

もちろん、書いた記事を引っ越ししてくる「方法」そのものはあるけれども、それまでに書き続けて、人に読まれてきた「実績」は消えてなくなります。

 

独自ドメイン(URL)が変わるということ=ウェブでの実績のリセット

 

だからこそ、「ビジネスが軌道に乗ってから」ではなく、「ビジネスを軌道に乗せるために」ホームページに早くから取り組んでほしいのです。

 

WEBのステージで活躍するには、WEBのルールを知る

WEBの世界のルールは、実質的に検索エンジン(=Google)次第。

検索エンジンに好まれるのは、コンテンツ数・質・実績(利用数、リンク等)ですが、これらの実績は「積み重ね」によって判断されます。

長く利用されていればいるほど、有利に働きやすいのです。

 

たとえば、無料ブログからワードプレスにすべての記事を引っ越して同じコンテンツのホームページをつくったとしても、ドメインが変わるので(URLが変わりますよね)、まったくの新しいサイトが生まれたと判断されてしまいます。

この時点で、WEBでの実績は「0」です。

 

つまり、検索エンジンGoogleからしてみたら新たなドメイン(引っ越し者)は「無名のド新人」扱いになるのです。

 

引越を契機に、ウェブの世界での実績作りに一から取り組まねばならないのは、はっきり言って時間の無駄!

本来ならお金を払ってでも買いたいものなのに、お金では決して変えないものが「ウェブでの実績」です。

 

店舗を構えたり物販ビジネスをされる方が無料ブログでスタートすることがあまりないのは、その先の展開を考えてのこと。

もしあなたが、お小遣い稼ぎではなく、個人ビジネスをしっかり軌道に乗せて長く続けていきたいというお気持ちなら、ウェブの拠点は少なくとも独自ドメインを使って早めにスタートするのが得策です。

どうしても今すぐは無理なら・・・

今ブログを持っていないけれど、これからワードプレスで始めることが決まっている方なら、2・3か月程度見送るという制限付きの事情なら、多少の猶予はあると思います。

その場合、今すぐにアメブロでブログを始めちゃいましょう!

記事はすぐに書き始めておけば、ワードプレスに移行するときには

1.書くことに慣れる
2.記事のストックがある

少なくともこの状態にできるので、何もしないよりはずっとおススメです^^。

 

WEBの活用方法は無限に感じられて手がつけられないと感じている方へ。
起業家に必要なWEB活用のヒントとワードプレスのコツをお届けするメール講座を配信しています。
登録はこちらから

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

LINEで送る
Pocket