「わたしのサービスは絶対にイイはず!・・・でも引かれてしまう」

昨日、シゴトでご一緒した彼女は、ご夫婦での旅行が趣味だとか。

海外旅行が多く、聞かせてくれた経験談は楽しい話ばかりで、私も旅行好きなので2人で相当盛り上がりました^^。

 

でも、途中でこんなことを言っていたんです。

「こんなふうに盛り上がれると楽しいんだけど、旅行に興味のない人もいるんですよね。そういう人とは話も弾まないし、自慢話だと思われたこともあるんです」と。

 

 

ハッとしました。

 

自分がいい・すごいと思うこと、良かったと思うことは夢中になって伝えたくなるものだけど、相手が自分に関係ない話(興味がない話)だと思えば、途端にその話は相手の耳には届かなくなるってこと。

 

これって、私にもあるのですが日常やってしまいがちなワナですよね^^.

 

 

 

 

私も失敗はたくさんあります。

 

会社員だったころ、はじめて管理職になってメンバーとの関わり方に悩んでいた頃、コーチングに出会いました。
個人セッションを始めたらすぐに成果は出はじめ、メンバーとの関係性が劇的に変わるという体験をしたんです。

 

「これは素晴らしい!」と感動した私は、友人にコーチングを勧めたんです。それもかなり熱心に。

 

あまり関心なさそうな顔をしていたことには気づいたのですが、話を一通り聞いてくれた後に一言。

「私には必要ないかなぁ」

 

 

 

これね、何が起こっていたのかというと、私は、自分の想い(主観)だけで話をしていたんですね。

気持ちの押し売りです^^;。

 

「役に立つはずだ」という想いだけがあって、彼女が興味を持つかどうか、それ以前にどんな効果があるのか、なぜおすすめなのか、ということ全部、すっぽり抜けていたのです。

 

なんて自分勝手なんでしょう^^;>私。

 

 

 

もし、これがビジネスで起こっていることだったらどうでしょう。

相手はお客様です。

直接面識のない方とのメールでのやり取りや、初対面でお会いする方を相手にこんなやり取りがあったとしたら?

 

 

 

自分がお客様だったら・・・・

ちょっと引いてしまいますよね^^;。

 

 

 

自分のやろうとしているサービスは素晴らしい!と信じているからこそ、みずからハマりやすい罠、コワイです^^;。

悪気がないまま熱心に「相手が興味を持てない」オススメをしていないか、気をつけていきましょうね!

 

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

 

LINEで送る
Pocket