目次機能をホームページに追加するには?

ワードプレスには、「プラグイン」と呼ばれる機能追加の仕組みがあります。

このプラグインを使うと、「こういう操作ができたらいいんだけどなぁ」といった、ちょっとした不便を、簡単に解消できるんです。

今日は、ワードプレスに興味のある人、もしくは、すでにワードプレスを使っている人のためのTIPSとして、あると便利な「目次機能」についてご紹介します。

 

目次機能を追加できるプラグイン「Table of Contents Plus」

ブログ記事の冒頭に「目次」がついているものを見かけることがあると思います。

どんなテーマ(デザインのテンプレート)を使っていても、ワードプレスで作られているホームページなら、誰でも「プラグイン」を追加することで実装することができます。

このサイトでも使っていますが、その名は「Table of Contents Plus」。

検索の仕方、インストール方法、設定方法についてご説明していきます。

 

プラグインの検索とインストール方法

プラグインは以下のように検索することができます。

1.ワードプレスのダッシュボードから、①「プラグイン」→「新規追加」をクリック

2.②右上の検索窓に「Table of Contents Plus」と入力して検索する。

3.「今すぐインストール」ボタンを押下、「有効化」すればインストールは終了

 

目次機能の設定方法

4.その後、「設定」→「TOC+」をクリック 

5.「位置」:目次を表示させたい位置をプルダウンから選択する

6.「表示条件」:目次を自動表示させるための条件をプルダウンから選択する

7.「以下のコンテンツタイプを自動挿入」:基本的には以下のチェックのみでOK(個人の好みで選択する)
post → 投稿記事に自動的に表示させたい場合はチェックする
page → 固定ページに自動的に表示させたい場合はチェックする

8.「見出しテキスト」:目次機能の見え方について設定できる

9.実際にテスト表示をさせてみて、好みの表示がされるように微調整して完了

おおよそ、この設定で目次機能が使えるようになります。

 

記事が長文になる場合、読みやすさを考えると目次機能はあった方が読み手に親切です。

必要になってきたら、プラグインの利用にもチャレンジしてみてください!

 

WEBの活用方法は無限に感じられて手がつけられないと感じている方へ。
起業家に必要なWEB活用のヒントとワードプレスのコツをお届けするメール講座を配信しています。
登録はこちらから

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

LINEで送る
Pocket