検索されるキーワードの選び方

自分の書いた記事をたくさんの人に読んでもらいたい。

そう思って、ブログの記事を書くと思います。

では、自分の書いた記事にたどり着いてもらうために、どんなキーワードで書いたら、検索されるのでしょうか。

  • 自分の名前
  • 店舗・サロン名
  • 肩書
  • エリア名
  • 店舗名やサービス名
  • 提供している技術

等々。

自分にとっては当たり前のワードが並びますよね。

 

たとえばカウンセリングを提供している場合。

  • 〇〇〇カウンセラー(資格名やオリジナル名称)
  • 〇〇市(サロンなどのある場所)
  • サロン名や屋号
  • うつ、パニック、認知行動療法、NLP

などを候補ワードとしてあげるのではないでしょうか。

 

でも、実際に検索されるのは、ちょっと違ったキーワードなんです。

 

たとえば、うつで悩んでいる方だったら

  • うつ
  • 気力が出ない
  • 眠れない
  • 食欲が落ちた
  • 治すには
  • 仕事を続けるには
  • エリア名

みたいな感じではないでしょうか。

 

自分が検索する立場だと、当たり前にしていることなのに、いざ「提供者側」になると、どうしても目線が「自分のできること」「やってあげられること」を基準に考えてしまいます。

 

誰だってそうなりやすいのです。

ここは、結構難しいところですね。

 

「誰かのために 自分のできることをしてあげたい」

そういう想いを持っているからこそ、その仕事をしているのに、伝え方、やり方がほんの少し違うだけで届かないものになってしまうのは、本当にもったいない。

 

自分のできることで役に立ちたいと思う相手が、お客様になるのですから、

そのお客様が何に悩んでいるのか?

ここをじっくりと、徹底的に考え抜くことが大切です。

 

お悩みを想像することに行き詰まったら、そのときはネットを頼ればいい。

Q&Aサイトやお悩み相談サイトには、あらゆる悩みが蓄積されています。

 

それらを参考に未来のお客様を想像しながら

「どんなことに悩んでる?」
「どんなことに困ってる?」

ということをトコトン考え抜いて、その問題を解決できるコンテンツ(記事)を発信していきましょう!

あなたがお役に立てるお客様は、きっとすぐそこにいるはずですよ^^。

 

WEBの活用方法は無限に感じられて手がつけられないと感じている方へ。
起業家に必要なWEB活用のヒントとワードプレスのコツをお届けするメール講座を配信しています。
登録はこちらから

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

 

LINEで送る
Pocket