ランディングページって何ですか?

最近は個人起業家の方もランディングページを多用する方が増えてきましたね。

 

以前は、広告費用をふんだんに使える企業や通信販売事業社、著名な起業家などが利用する類のものだったのですが、今は個人の方でもFacebook広告を活用したりするケースで増えているようです。

 

そうはいっても、まだまだ「ランディングページってなに?」という方は多いですよね。

ここでは、個人起業家にとって必要な知識だけ、ポイントを絞ってご説明していきます。

 

ランディングページ(Landing Page)とは?

ランディングとは飛行機のLanding=着陸、つまり着地点となるページのこと。
頭文字をとってLPと呼ばれることも多いんです。

 

主に、広告のリンク先として使われるページと聞けばピンとくるかもしれませんが、ランディングページとはお客様の「問い合わせ」や「お申し込み」「ご購入」などを促すための特徴的なデザイン・構成で作られたページを指します。

 

何のためにわざわざ作るの?

ランディングページは大抵の場合、

・問い合わせの増加
・資料請求の増加
・商品の購入促進

こんな目的で作られます。

 

つまり、このページをきっかけに「お客様に行動を起こしていただくため」に作るのです。

 

このページを読んだだけで行動に移していただきたいわけですから、普通のページとは違う特徴があるんですね。

 

次で、特徴をご説明する前に具体的なランディングページのイメージをつかんでいただきたいので、いくつかの事例を見られるサイトをご紹介します。

ご参考:「ランディングページ集めました」 http://lp-web.com/
※ある程度、規模のある企業さんの例が多いため、個人起業家さんはあくまで参考ということでご覧ください

 

普通のWebページとどう違うの?

先ほど見ていただいたランディングページを見て、どう思いましたか^^?

 

普通の企業サイトやブログとはずいぶん違いますよね。

 

ランディングページの特徴とは、大体こんな感じ↓です。

  • タテに異常に長い(ずーっとスクロールして見ていく)
  • 画像が多い
  • 文字が大きく全体的に派手なデザイン
  • 大きなボタン(「お申し込み」「資料請求」などのボタン)が繰り返し配置されている
  • 他のページへのリンクがない

 

本来、広告のリンク先に存在するページならランディングページと呼んでもよいのですが、広告を出す以上は目的があります。

 

その目的達成のために最適な構成でWebページを作ると、上記のような特徴に沿ったページができあがるのです。

 

広告なんて出す予定ないけど、私にも必要なの?

個人起業家のあなたは、ここが一番知りたいところではないでしょうか^^。

 

ランディングページの定義も今は広く解釈されるようになって、以前は主流だった広告の飛び先ページとは限らなくなっています。

 

個人起業家の方なら、日頃からメルマガ登録用のバナーを設置したり、イベントやセミナーのご案内などはしていると思います。

 

それらのご案内やサービス紹介ページそのもの、メルマガ登録促進など、ご自分の商品を売るための導線の一つとして、今後は必須になってくると思っていてよいでしょう。

 

というより、売れている方はすでにやっていますね^^。

 

たとえば、コーチやカウンセラー・セラピストの場合なら

  • セミナーや講座のご案内
  • 販売している商品のご案内

などのページは、それがブログの一記事であったとしても、長い記事になっていることがあります。

 

ランディングページの特徴的な構成に沿ってランディングページ仕様に仕立てて、ある程度機能させているというケースが多いのです。

 

ブログを書いたり、公式サイトを運営したり、メルマガをやっている方も、お客様にご自身のビジネスをしっかりご案内したいときには、着地ページとしてのランディングページを今後は意識していくとよいですね^^。

 

**************************************

あなたの魅力と使命を形にする!
「ミッションWEBブランディング」

起業家専門WEBプロデューサー 
荻原智子

 

LINEで送る
Pocket